美しき青きドナウ 洗顔

ニキビや顔のトラブルの原因は、顔に付いてる余分な皮脂や汚れ
その汚れを取る為の洗顔方法ですが、正しい洗顔方法はご存知ですか?

普段あなたはどのようにして洗顔をしているのでしょうか?
洗顔フォームを手にとり、軽くあわ立てて、そのままゴシゴシ洗ってる?
NO,NO。実はそれだと汚れはとれても、肌を傷つけるばかりか、弱い肌を作ってしまうのです
「じゃあどうしたらいいの?」
まずは良質な泡を作りましょう!

洗顔の基本は良質の泡、この良質の泡を効果的に使って洗顔しましょう


良質の泡の作り方

良質な泡とはきめ細かい泡の事です
きめ細かい泡は、普段普通に手で作る粟とは違い
泡が小さく、そして顔を洗うたびにさらにどんどん小さくなっていき、皮膚の奥まで綺麗に洗うことができるのです

*その際に古い角質や皮膚の油などがより綺麗に除去された状態になっているので洗顔の後は化粧水・乳液等でしっかり保湿してくださいね。

それでは細かい泡の作り方を説明します
普段きめ細かい泡を作るには普通専用のアイテムが必要なのですが
今回はビニール袋だけを使ったきめ細かい泡の作り方を紹介します

用意する物
・ビニール袋
・ゴム
・はさみ
・洗顔フォーム
・適量な水
まずはきめ細かい泡を作る為の必殺アイテムをつくってみましょう
1.ビニール袋の底から10cmくらいの所をはさみで切ります

2.そしてその切った所を殻結びします

しゃまららん
これで必殺アイテムの完成です!


それでは次はその必殺アイテムを使い泡を作ります
水を使うので、洗面台やお風呂などでやったほうがいいでしょう

1.先ほどの必殺アイテムの中に、洗顔フォームを普段顔を洗うときと同じくらい入れます

2.必殺アイテムの中に水を普段より多少多めに入れます

3.必殺アイテムの口を閉じて、水と洗顔フォームのある部分をもみまくります

するといつもよりきめ細かな泡がでてきませんか?
必殺アイテムの結び目部分でこするようにすると美味くいきますよ

泡の量は普段より少ないですが、これは泡の性質上仕方がないので
洗顔の際足りなくなったらまた作って下さい

それでは次はいよいよ実際の洗顔の方法です
洗顔の肝は指で洗うのではなく泡で洗うのです
皮膚の油や汚れは泡を軽くマッサージするような感覚で洗えば十分に取れます

油がたまりやすい所は念入りに
ただ小鼻など油がたまり易い場所は念入りに洗いましょう
指の腹でかるーく円を描くようにやると綺麗にとれますよ

次はすすぎです
実は一見軽視しがちなすすぎも、手を抜くと大事な肌のトラブルになりえるのです

泡はしっかり落とさないといけないのですが問題はその落とし方
水を使いゴシゴシと指でこするようにしていてはアウト!
あくまでも泡を落とすのが目的なので、手で掬った水を軽く顔にあびさせるだけでOKなのです
一回やっただけではちゃんと落ちない場合が多いので泡が取れるまでしっかりやりましょう
毛の生え際など忘れないようにしましょう

最後はタオルでふきとりです
これもゴシゴシやらずに清潔なタオルを使って
軽くはたくようにして水分をとりましょう


今回は手作りの泡たてアイテムを作りましたが
もっと簡単に作りたい!、もっときめ細かな泡を作りたい!という方もいらっしゃると思います

下記に紹介するアイテムはきめ細かい泡を作るのに最適なアイテムです
興味があるかたは是非どうぞ





お勧めは「不思議な洗顔ネットです」
手作り泡たてアイテムよりも上質な泡が簡単に作れます

泡ウォッシュの方は 洗顔フォームと、水を先に入れておけばポンプを押すだけで
きめ細かい泡が出てくるという優れものです


今回は長くなりましたが読んで頂きありがとうございました


end


<home>
SEO [PR] カード比較 ギフト 冷え対策 チョコ 無料レンタルサーバー